スタイリスト

スタイリストになる早道は

スタイリストは、女性のあこがれの職業の1つとして知られています。 具体的な仕事内容は、テレビや雑誌、広告、カタログに出演するモデルのファッションや小物をコーディネートをすることです。 スタイリストは自分自身のファッションセンスで勝負する職業とあって、常にトレンドを意識しながら同時にセンスも磨き続ける必要があるのです。 スタイリストになるにあたって、特に資格は必要ないとされています。 しかし、基礎となるファッションの知識やコーディネイトの技術もなく、スタイリストになることは事実上不可能です。 以前はゼロから有名スタイリストの弟子となり、こうした知識や技術を一から目で見て学ぶという方法を取ることも少なくなかったとされますが、今はまず服飾系専門学校に通い、ファッションに関するあらゆる知識や技術を学ぶことが始めの第一歩となります。 服飾系専門学校では、デザインや色彩、実際洋服を作る洋裁の技術、コーディネイトの方法、メイクなどを学ぶことができるため、スタイリストになった時に早く頭角を現すことができるとされています。

服飾系専門学校で得られるメリット

服飾系専門学校では、全日制で2年間学ぶことになります。 専門学校に通うことでまずは基礎的な知識と技術が学べますが、この他にも様々なメリットがあるとされています。 その1つが、専門学校では現役のトップスタイリストが講師として指導してくれることです。 現在の最新コーディネイトとその技術を目で見て学べるというメリットはもちろんのこと、今スタイリストに求められているものや業界の生きた情報などを直接知ることができるのです。 また、様々なスタイリストと交流することで個人的な就職の斡旋を受ける場合もあるなど、専門学校での出会いは将来に大きく影響するケースが少なくないのです。 もちろん、専門学校自体も就職のサポートを行っています。 なお、専門学校の中には社会人向けに夜間コースや土日に集中授業を行うコースを設置しているところもあり、便宜を図っています。